【Fitmint準備】日本円ステーブルコインJPYCを使ってMATICを簡単ゲット!

アイキャッチ 仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、ラテマエ(@lattemaestro)です!

このブログでは、FIRE(早期リタイア)を目指す過程で学んだことや生活に役立つ情報を発信しています。

今回は、数あるMove-to-earnアプリの中でも注目度が高く、第2のSTEPNとの呼び声高い「Fitmint」についてのお話しです。

Fitmintは、Polygonネットワーク上で動作するため、スニーカーの購入にはネイティブトークンのMATICが必要です。

本記事では、MATICをFitmintウォレットに用意する手順について解説しています。

Fitmintのプレイ方法については、多くの方がブログ等で解説していますのでそちらをご覧ください。

MATICをFitmintウォレットに用意するには、

  1. 国内取引所でBTCやXRPなどを購入
  2. BTCやXRPなどをMATICが購入できる海外取引所(Binance等)へ送金
  3. 海外取引所でMATICを購入
  4. MATICをFitmintウォレットに送金

という流れが一般的です。

しかし、国内と海外取引所の口座を開設し、各取引所で売買、送金するのはけっこう面倒です。

もっと楽な方法はないか考えた結果、日本円ステーブルコインJPYCを使えばかなり楽になることがわかりました。

そこで今回ポイントとなるのが、

日本円で購入したJPYCをMATICにスワップ(交換)する方法

です。

では、手順を解説していきます。

本記事の内容により生じた損失に対して、一切の責任は負いかねます。

当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行うようにしてください。

MATICをFitmintウォレットに送金する手順

大まかな流れは、以下になります。

  1. JPYCをPolygonネットワークで購入
  2. JPYCをMATICにスワップ(交換)
  3. MATICをFitmintウォレットに送金

事前準備. メタマスクの設定

JPYCの受け取りやMATICへのスワップ、MATICの送金にメタマスクを使いますので、事前にメタマスクを準備してください。

メタマスクの設定については以下の記事を参考にしてください。

設定後、メタマスクにPolygonネットワークを追加してください。

手順1. JPYCを購入

JPYCの公式ページへアクセスし、JPYCを購入します。

JPYCは日本円のステーブルコインなので、10,000円で10,000JPYCが買えます。

※購入代金は銀行振り込み

JPYCの購入については以下の記事を参考にしてください。

JPYCを購入するネットワークは「Polygon」を選択すること!

JPYCでMATICをFitmintに準備

手順2. JPYCをMATICにスワップ

銀行振込確認後、翌営業日までには、JPYCがメタマスクに入金されるはずです。

メタマスクにJPYCの入金が確認できたら、JPYCをMATICにスワップ(交換)します。

Polygon Web Walletにアクセス

スワップするために、Polygon Web Wallet にアクセスします。

※QUICK SWAPなどでもスワップ可能なので、どのツールを使うかは、その時のレートで判断

メタマスクを接続

画面右上の「Connect to a Wallet」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

「Metamask」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

メタマスクが自動的に起動するので、「署名」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

JPYCを追加

メタマスクが接続されたことを確認し、「Polygon Wallet」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

画面左のメニューの「Token swap」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

スワップ画面が表示されるので、上側のトークンを「JPYC」、下側のトークンを「MATIC」にします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

<トークンの変更方法>

トークン名をクリックし、JPYCを選択します。

JPYCが見つからない場合は、「Add custom token」をクリックし、管理画面を開きます。

JPYCでMATICをFitmintに準備

 

検索欄に「JPYCのコントラクトアドレス」を入力すると、JPYCが見つかるので、「Add JPYC」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

 

JPYCのコントラクトアドレス:
0x6ae7dfc73e0dde2aa99ac063dcf7e8a63265108c

JPYCが追加されるので、管理画面を閉じ、JPYCをクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

スワップの実行

スワップするJPYCの枚数を入力すると、交換できるMATICの枚数が自動表示されるので、「Review Swap」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

<初めてスワップする場合>

JPYCでのスワップを許可する必要があるため、「Approve」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

 

メタマスクが起動するので、許可してください。

確認画面が表示されるので、「Swap」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

「Slippage tolerance」とは、想定レートより1%以上レートが悪くなった場合、スワップしないようにする機能

メタマスクが起動し、ガス代(手数料)等が表示されるので、「確認」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

ネットワークが混んでいなければ、数秒でスワップが完了します。

スワップが完了すると、JPYCが減り、MATICが増えているはずです。

手順3. MATICをFitmintウォレットに送金

メタマスクを開き、「送金」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

「Fitmintのウォレットアドレス」「送金枚数」を入力後、「次へ」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

ガス代(手数料)等が表示されるので、「確認」をクリックします。

JPYCでMATICをFitmintに準備

ネットワークが混んでいなければ、数秒で送金が完了します。

<Fitmintのアドレス確認方法>

Fitimintアプリ画面右上のウォレットをタップすると、アドレスが表示されます。

JPYCでMATICをFitmintに準備

以上で、FitmintにMATICを用意することができました。

あとはMATICでスニーカーを買えば、Fitmintをプレイすることができます。

Let’s Fitmint!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、Polygonネットワーク上で動作する「Fitmint」ウォレットにMATICを用意する方法について解説しました。

そこでポイントとなるのが、

日本円で購入したJPYCをMATICにスワップ(交換)する方法

でした。

慣れないうちは難しいように感じるかもしれませんが、慣れれば取引所を使うよりもかなり楽です。

ただし、本記事の内容により生じた損失に対して、一切の責任は負いかねます。

当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行うようにしてください。

みなさんの生活が少しでも豊かになりますように!

時には起こせよFIREムーブメント!

以上、ラテマエでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました