利率がすごい!Bitrueの新サービス「Yield Farming Hub」で簡単不労所得

アイキャッチ 投資のコツ
スポンサーリンク

こんにちは、ラテマエ(@lattemaestro)です!

このブログでは、FIRE(早期リタイア)を目指す過程で学んだことや生活に役立つ情報を発信しています。

海外の仮想通貨取引所Bitrueが、1月10日に新サービス「Yield Farming Hub」を開始しました。

Yield Farming(イールドファーミング)とは、DeFiサービスなどに仮想通貨を預けることで流動性を提供する代わりに、金利や手数料収入を得ること。

Yield Farmingはレンディングの一種ですが、レンディングでは主に取引所が仮想通貨の貸し手と借り手を仲介します。

対して、Yield Farmingではスマートコントラクトにより借り手と貸し手がダイレクトに取引できます。

そのため、一般的なレンディングに比べ、Yield FarmingのAPY(年間利回り)は高くなりますが、同時にリスクも高くなります。

事実、Yield Farming Hubでは平均APYを50%程度にすることを目指しているようです。

さらに、すでに稼働中の「BTR Lockups」や「Power Piggy」、「BTR Vote」と連動させていくことも計画しているようです。

 

そこで今回は、

Bitrueの新サービス「Yield Farming Hub」の利用手順

について解説します。

ただし、預けた仮想通貨の変動損失やハッキングリスクなど予期せぬリスクが伴います。

必ず当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で利用するようにしてください。

「Yield Farming Hub」の利用手順

1月11日現在、「Yield Farming Hub」はWebページのみで利用可能です。

スマホアプリの対応時期は未定です。

【2022年1月19日追記】

スマホアプリでも対応しました。

アプリを起動後、「Farms」というところタップするだけです。

Yield Farming Hub利用手順

事前準備:Bitrueの口座開設

Bitrueの口座開設は、下記の画像をタップするか、QRコードを読み取ることで口座開設のページが開きます。

アクセス後、「Sign Up Now」というところをクリックし、必要事項を入力してください。

Bitrue口座開設

手順1:「Yield Farming Hub」にアクセス

Bitrueにログイン後、上部メニューの「Earn」→「Farms」をクリックします。

Yield Farming Hub利用手順

手順2:預ける仮想通貨を選択

預け入れ可能な仮想通貨の一覧が表示されるので、APYなどを参考にし、預ける仮想通貨を決めてください。

期間はいずれも30日となっています。

Yield Farming Hub利用手順

手順3:預ける仮想通貨の枚数を決定

預ける仮想通貨が決まったら、「Stake Now」をクリックします。

※「Sold Out」はすでに売り切れのため、預け入れ不可

Yield Farming Hub利用手順

期間や予想APYなどの確認画面が表示されるので、預ける仮想通貨の枚数を入力し、「Confirm」をクリックします。

Yield Farming Hub利用手順

以上で、「Yield Farming Hub」に仮想通貨を預けることができました。

とても簡単ですね。

30日後、預けた仮想通貨とともに利息が入金されるはずです。

出典元:Bitrue

参考情報:預けた仮想通貨の確認および償還

どの仮想通貨を預けているのか確認する場合は、「Investment List」をクリックします。

Yield Farming Hub利用手順

預けている仮想通貨の一覧が表示されます。

Yield Farming Hub利用手順

預け入れ期間は30日となっていますが、満期前でも償還することができます。

ただし、途中で償還する場合はそれまで獲得した利息は没収されるようです。

よっぽどのことがない限り、途中で償還することは避けましょう。

償還するには、右端にある「Redeem」をクリックします。

Yield Farming Hub利用手順

内容に間違いなければ、「Confirm」をクリックします。

Yield Farming Hub利用手順

これで預けていた仮想通貨が償還されます。

預け入れを途中で償還すると利息は没収される

まとめ

いかがだったでしょうか。

海外の仮想通貨取引所Bitrueが、1月10日に新サービス「Yield Farming Hub」を開始しました。

Yield Farmingでは、スマートコントラクトにより借り手と貸し手がダイレクトに取引するため、一般的なレンディングに比べ、APYが高くなるのが魅力です。

※同時にリスクも高くなる

事実、Yield Farming Hubでは平均APYを50%程度にすることを目指しているようです。

そこで今回は、

Bitrueの新サービス「Yield Farming Hub」の利用手順

について解説しました。

口座に置きっぱなしの仮想通貨をお得に運用してみてはどうでしょうか。

ただし、預けた仮想通貨の変動損失やハッキングリスクなど予期せぬリスクが伴います。

必ず当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で利用するようにしてください。

みなさんの生活が少しでも豊かになりますように!

時には起こせよFIREムーブメント!

以上、ラテマエでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました