もう迷わない!Bitrue取引所の取引履歴を確認する方法

アイキャッチ 投資のコツ
スポンサーリンク

こんにちは、ラテマエです!

このブログでは、FIRE(早期リタイア)を目指す過程で学んだことや生活に役立つ情報を発信しています。

仮想通貨の取引に慣れてくると、ステーキングやエアドロップなどで新たにトークンを手に入れる機会が多くなります。

それらの取引も税金を計算する際に考慮しないといけないため、取引履歴を確認し、管理しておく必要があります。

しかし、取引所によっては取引履歴を見つけるのが非常に困難な場合があります。

私は海外取引所のBitrueをよく使っていますが、この取引所の取引履歴を見つけるのに一苦労しました。

そこで今回は、

Bitrue取引所の取引履歴を確認する方法

について紹介します。

Bitrueを使っている方の参考になればと思います。

ただし、2021年8月時点の情報ですので、今後仕様が変更になる可能性があります。

Bitrueの取引履歴の確認方法

今回は、Bitrueが提供するサービスの中から、以下の5つの取引履歴について紹介します。

  • 入出金、売買の履歴
  • Power Piggyの履歴
  • BTR Lockupsの履歴
  • BTR Votingの履歴
  • Defiの履歴

入出金、売買の履歴

他の取引所などへの入出金や仮想通貨の売買履歴の確認方法です。

Bitrueにログイン後、右上メニューの「Assets」→「My Assets」をクリックします。

bitrue取引履歴

「Export Asset Transaction History」をクリックします。

bitrue取引履歴

確認したい履歴、期間を選択し、「OK」をクリックすると、CSVデータがダウンロードできます。

bitrue取引履歴

入金履歴は「Deposits」、出金履歴は「Withdrawals」、売買履歴は「Trade History」を選択してください。

ちなみに、スロットイベントで当たった仮想通貨の履歴は「Bonuses」で取得できました。

Power Piggyの履歴

仮想通貨を貸して報酬を得る「Power Piggy」履歴の確認方法です。

Bitrueにログイン後、上部メニューの「Power Piggy」をクリックします。

bitrue取引履歴

履歴を確認したい「Power Piggy」の「Details」をクリックします。

bitrue取引履歴

画面右下の方にある「Records」をクリックします。

bitrue取引履歴

期間や通貨を選択し、「Search」をクリックすると、履歴が表示されます。

bitrue取引履歴

売買履歴のようにCSVデータはダウロードできませんでした。

【2021年8月19日追記】

売買履歴のところに記載した「Export Asset Transaction History」で「Bonuses」を選択すると、Power Piggyの履歴をCSVデータでダウンロードできました。

BTR Lockupsの履歴

BTRとペアで仮想通貨を貸して報酬を得る「BTR Lockups」の履歴の確認方法です。

Bitrueにログイン後、上部メニューの「BTR Lockups」をクリックします。

bitrue取引履歴

履歴を確認したい「BTR Lockups」の「Details」をクリックします。

bitrue取引履歴

画面下の方にある「Records」をクリックすると、履歴が表示されます。

bitrue取引履歴

売買履歴のようにCSVデータはダウロードできませんでした。

BTR Votingの履歴

「BTR Voting」は2021年7月に始まったサービスで、Bitrueに上場してほしいトークンに投票できるなど、Bitrueの運営に参加することができます。

 

参加した投票やエアドロップ履歴の確認方法です。

Bitrueにログイン後、下にスクロールすると、「One-stop trading platform」というところがあるので、その中の「Vote」をクリックします。

bitrue取引履歴

現在実施中の投票や、過去の投票が表示されるため、参加した投票の「Details」をクリックします。

bitrue取引履歴

投票に使用したBTRの枚数や、エアドロップされたトークンの枚数を確認できます。

bitrue取引履歴

売買履歴のようにCSVデータはダウロードできませんでした。

Defiの履歴

DefiはBitrueのiOSやAndroidアプリでのみ提供されているサービスで、資産を預けて流動性を提供することで報酬を得ることができます。

Bitrueアプリを起動後、画面右下にある「Defi」をタップします。

bitrue取引履歴

画面右上の「メモのアイコン」をタップします。

bitrue取引履歴

過去のDefi履歴の一覧が表示されます。

下矢印をタップすると、履歴の詳細を確認することができます。

bitrue取引履歴

売買履歴のようにCSVデータはダウロードできませんでした。

画像の出典元:Bitrue

まとめ

いかがだったでしょうか。

仮想通貨の取引に慣れてくると、ステーキングやエアドロップなどで新たにトークンを手に入れる機会が多くなります。

それらの取引も税金を計算する際に考慮しないといけないため、取引所が提供している取引履歴を確認し、管理しておく必要があります。

しかし、取引所によっては取引履歴を見つけるのが非常に困難な場合があります。

そこで今回は、

Bitrue取引所の取引履歴を確認する方法

について紹介しました。

Bitrueを使っている方の参考になればと思います。

みなさんの生活が少しでも豊かになりますように!

時には起こせよFIREムーブメント!

以上、ラテマエでした!

コメント

  1. さな より:

    わかりやすい記事をありがとうございます。
    ちょっと疑問だったのですがPower Piggyで得られた報酬は
    「Assets」→「My Assets」から「Bonuses」で取得の履歴が乗っている
    わけではないのですか?
    もし、当たり前のことを聞いてしまっていたら申し訳ございません。

    • ラテマエ ラテマエ より:

      さな様
      コメントいただきありがとうございます。
      さな様のおっしゃる通り、「Bonuses」にPower Piggyの履歴がありましたね。
      ご指摘ありがとうございます。
      記事を修正しておきます。

      • さな より:

        丁寧な返信ありがとうございます
        いつも拝見させていただいております!
        不躾な話となって申し訳ないのですが
        実はBTRロックアップで得た報酬を税金計算のために日本円で記録したいのですが、報酬を得た時間の金額の調べ方がわからなくて困ってます、、、
        報酬を得た瞬間の金額はどのように調べているのかを記事などでご教示いただけたら嬉しく思います

        • ラテマエ ラテマエ より:

          税金の計算は面倒ですよね。
          私は税理士ではないので正しいことは言えません・・・
          すみません。
          税理士に相談されるのが一番かと。
          あくまで私個人の見解です。
          BTR Lockupsなど償還される日付が決まっている報酬は、償還日の終値で計算するようにしています。
          終値は、coinmarketcapで調べています。
          計算方法を統一するようにすれば始値でもいいかもしれません。

          • さな より:

            丁寧なご回答ありがとうございます!
            これからも記事楽しみにしてます!
            応援してます!

タイトルとURLをコピーしました