超簡単!SafePalの新サービス「SafePal Earn」を利用したステーキングの手順

アイキャッチ 投資のコツ
スポンサーリンク

こんにちは、ラテマエ(@lattemaestro)です!

このブログでは、FIRE(早期リタイア)を目指す過程で学んだことや生活に役立つ情報を発信しています。

みなさんは仮想通貨(暗号資産)を保管するために、どんなウォレットを使っていますか?

私は複数のウォレットを使っていますが、その中でもSafePalウォレットを好んで使っています。

SafePalウォレットは仮想通貨の保管以外に、PancakeSwapやApeSwapといった様々なDeFiのDApps(分散型アプリ)を利用できます。

そのSafePalウォレットが10月21日にアップデートされ、DAppsの利用がさらに使いやすくなりました。

これまでは、PancakeSwapなどのDAppsを検索し、そのサイトへアクセスしていましたが、このアップデートで実装された「SafePal Earn」では、サイトへアクセスする必要がなくなりました。

※2021年10月26日現在、SafePal Earnで利用できるDAppsは、PancakeSwapとApeSwapの一部

SafePal Earn

そこで今回は、

「SafePal Earn」を利用したステーキング手順

について解説したいと思います。

ステーキングとは?
ブロックチェーンのネットワークに暗号資産(仮想通貨)を預け入れてネットワークに貢献することで、その対価として報酬が得られる仕組み

ただし、仮想通貨のサービス利用や取引にはリスクが伴います。

必ず当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行うようにしてください。

「SafePal Earn」のステーキング手順

事前準備:ネイティブトークンを準備

Dappsの利用には手数料が必要となり、アプリケーションが稼働するネットワークのネイティブトークンで支払います

今回解説するPancakeSwapは、BSC(バイナンススマートチェーン)上のDappsであり、そのネイティブトークンはBNB(バイナンスコイン)です。

そのため、BNBをSafePal内に準備しておいてください。

手順1:「SafePal Earn」を起動

SafePal Earnアプリを起動し、右下のドル袋マークをタップします。

SafePal Earnの手順

SafePal Earnで利用できるDAppsの一覧が表示されるため、利用したいDAppsをタップします。

今回は、PancakeSwapのCAKEのステーキング手順について説明するので、「CAKE」をタップします。

SafePal Earnの手順

手順2:ステーキングするトークンを有効化

上部に表示されているAPYは、ステーキングによって得られる複利の年間利回りです。

ステーキングするトークン(今回はCAKE)を有効化する必要があるため、「Enable CAKE」をタップします。

SafePal Earnの手順

有効化に必要な手数料(ガス代)を確認し、「確認する」をタップします。

※ネットワーク混雑時以外は、「お勧め」の手数料を選択しておけば問題ないと思います。

SafePal Earnの手順

SafePal Earnでは、SafePalのネイティブトークンであるSFPを追加でステーキングすることにより、より高い利回りを得ることができます。

SFPを追加でステーキングする場合は、「Enable SFP」をタップし、CAKEと同じように有効化してください。

SafePal Earnの手順

手順3:ステーキングする

前の手順でCAKEを有効化すると、「Enable CAKE」が「Deposit」になっているはずなので、「Deposit」をタップします。

SafePal Earnの手順

ステーキングするCAKEと、SFPを追加でステーキングする場合はその枚数をそれぞれ入力し、「Deposit」をタップします。

SafePal Earnの手順

ステーキングに必要な手数料(ガス代)を確認し、「確認する」をタップします。

手数料はちょっと高めですね。

SafePal Earnの手順

トランザクションが認証されると、ステーキングが開始されます。

Depositというところにステーキングしている枚数、Earnedところにステーキングで得られた報酬が表示されています。

SafePal Earnの手順

以上がSafePal Earnを利用したステーキング手順になります。

出典元:SafePal

参考情報:ステーキングするトークンの入手方法

ステーキングしたいトークンを持っていない場合でも、そのトークンを簡単に入手できる機能がSafePalには搭載されています。

例えば、CAKEを持っていない場合、手順3のステーキング画面右上の「Get CAKE」をタップし、スワップ画面に移動します。

SafePal Earnの手順

ここで、手持ちのトークンをCAKEにスワップ(交換)することができます。

SafePal Earnの手順

「支払う」の方にCAKEと交換するトークンの枚数を入力すると、「受け取る」の方にそれに見合ったCAKEの枚数が自動的に入力されます。

逆に、「受け取る」の方に必要なCAKEの枚数を入力すると、「支払う」の方にそれに見合ったトークンの枚数が自動的に入力されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

SafePalが10月21日にアップデートされ、PancakeSwapやApeSwapといったDApps(分散型アプリ)の利用がかなり簡単になりました。

これまでは、利用したいDAppsを検索し、そのサイトへアクセスしていましたが、このアップデートにで実装された「SafePal Earn」では、サイトへアクセスする必要がなくなりました。

※2021年10月26日現在、SafePal Earnで利用できるDAppsは、PancakeSwapとApeSwapの一部

そこで今回は、

「SafePal Earn」を利用したステーキング手順

について解説しました。

ウォレットに置きっぱなしの仮想通貨(暗号資産)をSafePal Earnで運用してみてはいかがでしょうか。

ただし、仮想通貨のサービス利用や取引にはリスクが伴います。

必ず当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行うようにしてください。

みなさんの生活が少しでも豊かになりますように!

時には起こせよFIREムーブメント!

以上、ラテマエでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました